常在日常2

Livedoorブログで「常在日常」という日記ブログを書いていましたが、はてなブログへ移行しました。ブログタイトルの由来は常在戦場から。戦場ではないので日常にしてみるかという適当な思いつき。

Apple pencil(第一世代) を使った感想。

Apple pencilは第2世代もあるが、最新のiPad Proのみ対応で、iPad第6世代(2018)には対応していないので購入の際は自分のiPadを確認し、どちらのApple pencilなのか間違えないように!!
Apple pencil(第一世代)を使った感想です。まずは箱。ペンしか入っていないので小さい。

中の様子。シンプル。

f:id:jouniti0617:20190728184911j:plain

予備のペン先と充電器とApple pencilを繋ぐジョイント?ペンだけ充電する用かと思われる。

f:id:jouniti0617:20190728184908j:plain

ペンを登録させるには、ペンの上部の蓋を取り、iPadの充電口に差し込み、ペアリングする。同時に充電もこれで行われる。Apple pencilはiPadから充電すると覚えておけばいい。(ペンは中ほどまでが差込です。奥にがっつり挿そうとして壊さないように!!)充電の様子はペアリング後、左にスワイプすると見られるウィジェットの「バッテリー」から確認。

f:id:jouniti0617:20190728185001j:plain


iPad第6世代(2018年発売)で使用しています。以下、Apple Pencil(第1世代)の感想。
  • 力は必要ない。
  • 正確に反応する。
  • アプリのタッチも撫でる程度で、タッチが楽。
  • 画面が指紋で汚れない。
  • ペンの太さも丁度いい。鉛筆持ち時の違和感がない。長さの割に軽い。
  • 値段が高い。
  • 書く行為は液晶にペン先を当てるので、カタカタ音がして、静かな場所では目立つ。
  • テーブルで転がる。

手書きを試したアプリ。いずれも問題なく書けました。(iOS12.3.1)
Pages、メモ(純正アプリ)、Awesome Note2 for iPad(横画面だと若干?ラグあり)、彩えんぴつ、ThinkSpace



静電式タッチペンを試してみたかったので買いました。画面タッチも感度がよく、意外と快適だし、文字を書くのも絵を描くのも楽しい(下手だけど)、遊ぶゲームアプリによりますが、指紋が付かなくて、ゲームのストーリー鑑賞が綺麗な画面で出来ます(自分はこれが一番よかった点)。絵を描かない人でも十分使い道はあるので、今回買ってよかったです。私の用途なら他の安いタッチペンでも代用できるのでは?といってはいけない・・・イイネ?
「なかったらなかったで困らないけど、あったら結構便利なもの」というのが私の今回の総評です。

ちなみに私は絵心がありませんが、電子書籍や動画、一部のゲームアプリのタッチに使っています。私はデレステ、プリコネRなど、ゲームアプリによくあるテキストを読む際の「作業用タッチ」に使っています。特にプリコネRは戦闘前の下準備が重要で、戦闘はオートなので、全部Apple pencil1本で遊べます。何日も一切画面を拭く必要もなく、指紋のない綺麗な画面で、存分に美麗なアニメーションを楽しめますよ(ダイマ)。

あとはアイデアや頭に浮かんだことを真っ白なノートに書いたり。アプリから絵の練習したりで、時々絵を描いています。写真を線画にして表示してくれて、彩色やなぞって練習など、絵を描く用のアプリを使って色々出来ます。気楽に出来て楽しいです(消しカスも出ないし手も汚れない、とにかく手軽)。ますます手帳の出番が減っていく(苦笑)



 

おまけ。ボールペンのジェットストリームと長さ比較。タッチペンは結構長いし、細い。しかし、個人的にはペンとしっかり差別化していて、初めて使うデジタルペンとしては文句なしに快適な使い心地です。