常在日常2

Livedoorブログで「常在日常」という日記ブログを書いていましたが、はてなブログへ移行しました。ブログタイトルの由来は常在戦場から。戦場ではないので日常にしてみるかという適当な思いつき。

私の昔のライフログ等の活かし方を公開

2018年 私のほぼ日手帳カズンの使い方を公開 の具体的な説明みたいなものです。自分の今までのメモに加え、読書やテレビ、ネット、名言など、ありとあらゆる自分に役に立つだろうとビビっと来たものは書いています。自分専用の図鑑を作ってる感覚で、何年後に完成するのか楽しみです。



以前も記事にしたライフログを試したノート。当時買った時1000円ちょっとの香港製の革のノートです。(ライフログもどきをやっていましたが、1冊終わりました。) 棚に放置していたのだが、カビ生えてた。全部使い切ってるし処分前に軽く目を通して、この当時の事を思い出しました。

f:id:jouniti0617:20190728182633j:plain


当時はお金がなく、貯まらず、貧乏でした。同じ市内に父と義母が暮らしていましたが、仲が悪く、どれほど苦しい生活だろうと私は絶対に頼りませんでした。
そのため、酷い時は12時間働いて1日の食事がパン1枚とバナナ1本。工場内の水で腹を満たすという時期もありました。
私の所属した当時の派遣会社では給与の一部前借りが可能だったので、家賃や光熱費を払った後、何とか米を数キロ買えるお金が残り、納豆、もやしと買って次の給料、その次の給料と徐々に難を逃れましたが。それでも1円単位で管理して月末に近づく度にハラハラ。家賃払えるか、光熱費は?病気やケガになったらどうすると、何ヶ月か不安な月末を過ごしました。

そして数年後、その間に職も何度か変わり、またお金に困っていたのですが、同じ派遣の先輩からお金を貸そうか?と提案されましたが、私は弱い人間なので、一度借りたらまた借りればいいという、「境界線の緩み」による堕落を怖れ、友人とは対等でありたいと考えていたので借りませんでした。(もちろん、自分を気にかけてくれていた事には内心感謝しています。)

なんとか自分のお金の範囲内で乗り切れた20代最後の若気の至りでしたね。このライフログ書いていた頃は通帳の金額が4ケタくらいしかない事も多かったです。(あと「腹減った。」って書いてあるページがかなり多い)金額の後ろの星マークが腹立つ(笑)

f:id:jouniti0617:20190728181834j:plain


そんな感じでパラパラめくって「ん?」っと思ったページで目を留めるだけでも当時の事を思い出せて、面白いです。少し思い出すと連鎖的に思い出しますし。ただ、そこまで必要じゃない情報も多いです。このブログのように「膨大な情報の中の貴重な情報」を見つけて他のノートにその部分だけまとめる事で、自身の昔と今の考え方などが分かり、自分を見直すきっかけになります。

そして、今の自分または将来の自分に役立ちそうなことのみを去年から使っているほぼ日手帳カズンに1ページにまとめます。意外と楽しいので苦になりません。気が向いた時にお茶でも飲みながら、リラックスしてやってます(笑)

 

まとめた内容は大体1〜2ページに収まるようにしています。当時はクッソ貧乏だったので、金が欲しいと腹減ったって文章が多い中、たまたま見たテレビの名言が記録してあったり、当時の反省ぽい事が書いてあるページもあって、そこをカズンに丸々写す感じです。反省内容に対する対策も書き込んでいます。自分で自分に助言するという、まるでSFみたいな展開だなぁ!?(内容は恥ずかしいのと字が下手なのでモザイクかけてます。)
 

f:id:jouniti0617:20190728182946j:plain


こんな感じで数年単位でほぼ日手帳カズン2018を今後も使っていく予定です。