常在日常2

Livedoorブログで「常在日常」という日記ブログを書いていましたが、はてなブログへ移行しました。ブログタイトルの由来は常在戦場から。戦場ではないので日常にしてみるかという適当な思いつき。

ニンテンドースイッチを1年間使用した感想

去年、ゼノブレイド2の発売日にちょうど近くのゲームショップに入荷して買えました。今年は品薄が解消されてどこへ行っても見かけますね。去年の今頃はこのブログも不定期更新に変えて放置してました。
IMG_1012
ニンテンドースイッチを1年間使用してみた感想まとめ

長所
  • テーブルモードは自宅で遊ぶ携帯ゲーム機として便利。
  • ジョイコンは手が自由で快適。
  • セーブデータとソフトは別なので、ソフトを消してもセーブデータは残るのはありがたい。
短所
  • 本体はプラスチックのため、裏側に小傷がつきやすい。
  • スタンドがしょぼすぎる。
  • proコン(別売り)の充電方法はテレビモードしかない。

ダウンロード版ソフトは、本体に保存したソフトとmicroSDに保存したソフトは併用できます。なのでもしもmicroSDの容量が少なくなったら、本体側にソフトを移すのも可能なのがありがたいですね。

方法はmicroSD側のソフトを消去し、電源を切ってmicroSDを外し、再び電源を入れて再ダウンロードするだけです。
microSDが入っていなければ自動的に本体側に保存してくれます。本体とmicroSD間でソフトを移動できれば楽なのですが、出来ないのが辛いですね。
最初からmicroSDを外していれば本体にダウンロードするのでソフト次第ではそうするのもありです。

ソフト自体がどちらに入っていようと、普通に遊べるので容量は本体+microSDと捉えても問題ありません。
sw01






ニンテンドースイッチ本体の購入時に、最初からmicroSDを持っていて使用する方は、本体側の容量ってダダ余りしているんですよね。セーブデータなんてそんなに大きくないから。
勿体無いから私は一度クリアしてあまり遊ばなくなったゲームソフトは、本体側に再ダウンロードして、microSDの容量を空けたりします。

私は基本的にテーブルモードでしか使用しませんが、特に困ったことはありません。マリオオデッセイやゼルダの伝説も全てテーブルモードで十分遊べます。
私にとってはvitaの後継機ですね。据え置きはPS4があるので。