常在日常2

Livedoorブログで「常在日常」という日記ブログを書いていましたが、はてなブログへ移行しました。ブログタイトルの由来は常在戦場から。戦場ではないので日常にしてみるかという適当な思いつき。

基本無料について考える [趣味で動画投稿など、「物ではない」無料について考える]

基本無料、実質無料。などなど世の中には今、無料が溢れ返っています。無料なんだから試してみるか、という気持ちになる事も多いと思います。しかし、無料という言葉に麻痺していませんか?今回は世の中に溢れかえっている「趣味で投稿される動画」について考えます。とても長いので最後の方まで飛ばしても構いません。

まずは、私の子供の頃について話しましょう。趣味で小物を作っていて、近所から評判がよかった祖母の話です。

子供の頃、私の祖母は趣味で小物を作っていました。近所の方が遊びに来た時、それをどこで買ったのか尋ねられ、自分で作ったのよ、と嬉しそうに語っていたのを覚えています。そして、相手がそれを譲ってくれないかと聞きました。 しかし、祖母は自分で作ったお気に入りの小物の一つなので人には譲れないと断りました。だから代わりに新しく作る事は可能だよ、と。

相手の方は喜びました。そして、材料費とそれを作るために割く時間分の費用は払うと言いました。祖母は承諾しました。

数ヵ月かけて自分の空いた時間で小物を完成させた祖母。ちょうど外出中に相手が取りに来たので渡しました。相手の方は完成品を喜んで受け取りました。祖母は不在だったので「おばぁちゃんにありがとうって言って渡してね。」と代わりに代金を受け取り、祖母が帰って来た時に渡しました。祖母も「○○さん喜んでくれたんだ。よかったね~。」と嬉しそうでした。

子供の頃体験した事で今、大人になって感じた事は、欲しい物があってそれに見合う代価を払うというのは、仕事でも趣味でも根本は変わらないという事です。

欲しいものを求め、お店に行ってこういうの探してるんだけど・・・と聞かれ、今、店頭にあるもので求めるものを探す。ある場合は喜んでくれるし、無い場合は帰ります。

仕事か趣味か、立場は違えど、根本的なものは求める相手がいる事、その人のためにする事というのは変わりません。それに見合う代価がお金という形と、相手への感謝です。

基本無料というサービスも、「相手に使ってもらいたい、相手に買ってもらいたい」という事を形にして提供するものです。 そして、もらったものに見合うものを相手から「支払い」「課金」などという形で提供した側は受け取ります。ところが、無料という事を忘れて「自分の要求だけ」が強くなっていませんか?



現在、「ユーチューバー」と呼ばれる、動画を投稿した際、宣伝を載せることで広告料を収入として得る事が注目を集めています。ニコニコ動画でもユーザーが動画に対して任意に動画を宣伝する事があり、動画投稿者に少しですがお金が入りますね。
それとは別に、「こういう事をしたんだ。見て欲しい。」「こういうゲームがあるからもっと多くの人に知ってほしい」という、自分の趣味で動画を投稿する人もいます。



動画を投稿するきっかけが何であれ、「人に見てもらいたい」という提供する側の意思と「この動画が見たい」という相手側がいて初めて成り立ちます。会った事のない、見た事もない人にも関わらず、動画を見た相手側は好意や親近感を持つ事もあるでしょう。しかし、その相手にイメージ(優しい、猫好き、等)というものを持って、動画だけの情報で相手を「こういう人だ。」と決めて、違う事をすれば勝手に失望していませんか?「自分がこういう事をやって欲しいからやれ」というような要求を一方的に押し付けていませんか?

広告料が入った投稿者に「あいつは金もらってるくせにファンに失礼だ」「金払ってるのに動画投稿しない」などコメントする人もいますが、趣味で楽しんでもらいたい動画を作り、見た人が自分から「この人の動画をもっと知ってもらいたい」と宣伝し、その結果広告料が入るのは悪い事でしょうか?形は違えど、趣味が反響を呼んで、誰かのために投稿を続けた事を、提供されるのが当然という受け取り方をして、相手を傷つけていませんか?


動画を提供する側は「お金を払え」など、一言も言っておりません。面白いものを提供してもらったからその人のためになる事をしたい、と動画を見た一部の人が自分の意志で宣伝広告をおこなっている、その結果多くの人が見るようになり、お金が集まった。もちろん、宣伝広告しようがしまいが、動画は無料で見られます。

趣味で投稿している人はいちいち利益なんて考えません。ですが、注目してくれた人への感謝から動画投稿を続けるという事があります。
自分が知っている方の中には、広告料が入る事をネチネチ嫌がらせのようなコメントをされて、動画についての感想がなくなってしまったので動画投稿を止めてしまった方や、完全に有料の動画へ移行した方などがいます。いずれも、初めから完全に趣味で動画を投稿していた方々でした。

あなたは、趣味で動画投稿をしていただけで、仕事や商売にしていない人に、心無い言葉を投げかけてはいませんか?匿名だから、バレないからと言って人の悪口を書くのが楽しくて止められない、と言った事態に陥っていませんか?

人間は動物とは異なり、理性や意志で行動する事が出来る生き物です。バレない、見えないからといって自分をごまかさず、今一度、自分の「心」を振り返ってみてはどうでしょうか。