常在日常2

Livedoorブログで「常在日常」という日記ブログを書いていましたが、はてなブログへ移行しました。ブログタイトルの由来は常在戦場から。戦場ではないので日常にしてみるかという適当な思いつき。

モンスターハンターX(クロス) プレイした感想

久しぶりのモンハン。今回面白そうなのでDLカードを買っちゃった。友人からも誘われてたし。発売日にゲーム買ったの何年ぶりだろうか…現在村クエのエンディングを見た所、集会所は☆6です。武器防具の強化と他のクエ消化中。


結論から言うとモンスターハンターX、楽しい!久しぶりに時間を忘れるほどモンハン遊んでる!!

3Gで色々ガッカリしてモチベダウン以降遊ばなかったが、(モンハンの思い出)今回「モンスターハンターポータブル」シリーズを担当した児嶋一瀬コンビが再びモンハン担当という事で期待してたけど、やっぱり難易度調整は上手い。採集や運搬クエも楽しい。あとモンスターの威嚇行動とかも懐かしくて感動した。ソロでも十分楽しめる。昔のシリーズで村や集会所をソロクリアしてた頃を思い出す。正直「ポータブル」シリーズの集大成+αだと感じた。

新モンスターのライゼクス、村クエで初見で挑んでみましたが、強い。まさかの村クエで3死。ただの村クエで3死したのは初代PS2版モンハン以来。2回目は1死したものの18分で勝利。

今までのシリーズでも村クエなら初見モンスターでもクエスト失敗なんてなかったんだが・・・まぁ言い訳ですね。ハイ。その後のモンスターも1死はしたものの、初見20分前後での撃破(ほぼどのモンスターもそんな感じ)でエンディングへ。村クエのモンスターは体力低いのでシリーズプレイした事あるハンターなら簡単にエンディングは見れるかと。

オンラインの感想

オンちょこっとやったけど・・・うん、ネットでの評判どおり、マナーのなってない連中で溢れかえってます。人の部屋に入ってきてあいさつなし。さらに部屋主の意向を無視して自分勝手にクエストを貼るなんてのはよく見かけます。
日中はオンは控えたほうがいいでしょう。(私はその時20回程クエをこなしましたが、約8割がマナーもクソもない自分勝手な人が一人か二人いました。)

発売から数ヶ月経てばマナーの悪い連中も減る・・・と思うのでそれまではソロもありかと。たまに礼儀正しい人や挨拶を返してくれる人もいますが。いずれにせよ、画面の先には自分と同じ、ゲームを楽しむ「人間」がいる事を強く意識して欲しいと思いました。

ちなみにオンでライゼクスに挑む事になりましたが、オンではやはりターゲットが分散するので余裕ですね。

今作の改良点


採取も1回のクエで結構集められるし、採集ボタン押しっぱなしにすれば連続で採集してくれる。(剥ぎ取りも同様)。ピッケルや虫あみも同様に快適。ベースキャンプにネコタクがいて、持ち帰り可能なアイテムを預けて自宅へ送ってくれるから、例えば上限までアオキノコや薬草持っても一旦ネコタクに預けて、あとは自分で上限まで持ってクリアするとしたら、単純計算で2倍の数のアイテムを持ち帰れるようになった。

スタイルという新たな4種類のタイプの型が増えた。もちろん、既存の操作方法もスタイルの1つ(ギルドスタイル)に入ってるから操作に戸惑わない。

モンスターの素材集めという単調作業もスタイル変えたり武器変えたりで飽きにくい。スタイル変わっても操作がガラリと変わるわけではないから慣れてないスタイルでも十分戦える。何より試すのが楽しい。

シリーズ初期からいるモンスターも結構挙動が細かく変わっている。自分の腕が落ちているのを感じるが、「理不尽と言うほどではなく、もうちょっと工夫すれば勝てるはずだ」と思えるレベルなのだ。久々に閃光玉や落とし穴を活用し甲斐があると言う感じ。慣れてくれば武器だけで十分追い詰められる。本当に今回は楽しい。もはやレビューでなく主観だらけだが(笑)

そして今回からオトモアイルーを自分で操作する事もできる。可愛い。あと採取クエとかで使うとかなり便利。

さらにさらに、ゲームが進めばココット村、ポッケ村、ユクモ村にも行ける!!「ポータブル」シリーズ全ての拠点へ行けるのはマジで興奮する。まずは村の星1クエストを全部クリアしましょう。追記。☆1のクエを5つほどクリアした後出現する緊急クエストクリア後でした。

久しぶりにゲームではしゃいでしまった…「モンスターハンターポータブル」に熱中していた頃を思い出して楽しくてしょうがない。多少気になる点も今の自分には些細な問題だ。

スタイルは発売前の説明だけでは分かりにくいと感じたが、実際操作してみたら簡単だった。まさに「習うより慣れろ」だ。1回のクエでちょこちょこやればシリーズ経験者は大体のシステム掴める。スタートボタン押してハンターノートに全部武器ごとのコンボマニュアルあるし、実際難しくない。
スタイルによってプレイキャラの挙動が変わるだけだ。使うボタンは変わらない。狩技も下画面のタッチパネル押せばいいだけ。複雑そうに見えて実際はかなり簡単だと感じた。それに、分からないから従来どおりのやり方でやっても問題なく進めるのであくまで選択肢の一つとする自由がある。慣れてきたり余裕が出来たら試せばいいんだし。

今のところ欠点としてはオトモスキルの装着やハンターのスタイル装着が最初はどこでやるのかわかり難い点だ。しかし、やってみればすぐに分かった。(私個人はだが。)
他には村のクエストが序盤からかなり多い。が、キークエは少ない。面倒なら後で強い武器防具揃えてから消化してもいいだろうし。

武器はレベル制。その武器のレベルが上がると派生先候補が出てくる。武器のレベル上げは鉱石や虫を使う。そのままレベルを上げて使い続けるか派生するか迷うところで、レベル制は賛否あると思うが、気に入ったグラフィックの武器をレベルを上げて長く愛用できると考えると嬉しい。

今回のモンハンはとにかくユーザーが自由に選んでいい選択肢が増えた感じ。「ポータブル」シリーズ以降プレイしていない人で久々にモンハンをやりたい人にはぜひオススメだ。

ちなみにnew3DSの人はモンハンのオプション設定でカメラを普通か早いに設定しないとCスティックカメラが使いにくいと思う。

DL版の容量は1.7GB(14000ブロック)と意外と小さい。最初からNew3DSに入ってるmicroSD4GBで十分だ。
ただし、今後もDL版で買う人はもっと容量大きいのにした方がいい。別記事に一応microSDの交換方法を書いたのでそちらを参考に。
ちなみにモンハンクロス始めた時は4GBの使ってたけど、DL版のセールが魅力的だったので32GBに替えました。



image