常在日常2

Livedoorブログで「常在日常」という日記ブログを書いていましたが、はてなブログへ移行しました。ブログタイトルの由来は常在戦場から。戦場ではないので日常にしてみるかという適当な思いつき。

昔の「三匹が斬る!」シリーズは好きです。

「続々、三匹が斬る!」を朝やっていたので録画した。やっぱりこの時代劇が好きだなぁ。子供の頃、母の実家に帰った時にこのシリーズか、あばれん坊将軍のどちらかが朝10時からやってて、よく見てた。(静岡で放映したのは、リニューアル版3匹が斬るくらいしか見たことないです。1話で切りましたが。)

三匹が斬る!」シリーズの魅力は3人が旅で立ち寄った町で、それぞれが別々に自分たちの好きなように行動するのですが、その際、3人それぞれの視点で話が進行し、最後に成敗すべき相手に辿り着き、そこから3人で悪を成敗して、また3人で旅を続けるのがお約束ですが、それが面白い。あと戦闘のBGMが今でも覚えてるくらい好きです。

展開によっては3人それぞれが敵対勢力に雇われてしまって、お互い戦わなければ状況になったり(主に殿とセンゴク)。最後は3人揃うのですが、そこへどう物語が展開していくのか、それを楽しめます。

3人は、殿(高橋秀樹)、センゴク(役所広治)、タコ(春風亭小朝) といったあだ名があります。武器は殿とセンゴクが刀。タコは槍(主武器)、展開に応じたタコの発明品や火縄銃等、展開は同じでも毎回飽きないので楽しいです。


※本末転倒ですが、wikipediaにより詳しい情報が載っています。私の書いていることは主に子供の頃に見てた時に魅力感じた事を語ってるだけなので(汗)私がおぼえている限りでは、「新 三匹が斬る!」位までなので。

ちなみにリニューアル版の「3匹が斬る!」は、正直1回目の放送見て視聴止めました。感想としては「何これ・・・」って感じです。それしか言えない・・・おススメしません。



早起きしすぎて眠い。寝直すか…

a7f92cdf.jpg