常在日常2

Livedoorブログで「常在日常」という日記ブログを書いていましたが、はてなブログへ移行しました。ブログタイトルの由来は常在戦場から。戦場ではないので日常にしてみるかという適当な思いつき。

iPad Air 4のタッチペンは純正じゃなくても問題ない

私は以前のiPad(第6世代)では純正のApple pencilを使用していましたが、今回のiPad Air4は別のメーカーのタッチペンを使用しています。

 


f:id:jouniti0617:20210801015947j:image

 

Apple Pencilと異なり、Bluetoothを使用しません。簡単に言えば指でタッチする代用です。

 

人間の体には微弱な電流が流れており、それを感知して、画面をタッチするだけで操作ができます。それが現在のスマートフォンやタブレットの仕組みです。

これは静電式タッチパネルと呼ばれています。

 

そして指の代わりとして使用できるのがこの市販のタッチペンです。実際にペンとしての役目を果たしてくれるのか、確かめました。

 

まずは開封して内容物の確認。ペン本体と替芯。説明書。


f:id:jouniti0617:20210801020051j:image

 

ペンの下に充電ケーブル。


f:id:jouniti0617:20210801020229j:image

 

 

このタッチペンは頭の部分を触ると電源のオンオフができます。便利です。

 ちなみにマグネットではないので、iPadにくっつくことはありません。


f:id:jouniti0617:20210801020152j:image

 

実際にiOSのメモアプリに書いた様子をスクショに収めました。本格的な絵を描くわけではない自分には十分実用的です。

goodnote5に書く使い方も体感で純正ペンと変わりません。

 

f:id:jouniti0617:20210801013313p:image

 

 

純正タッチペンの約5分の1の価格で、Bluetoothも占有しない。文句なしです。