常在日常2

Livedoorブログで「常在日常」という日記ブログを書いていましたが、はてなブログへ移行しました。ブログタイトルの由来は常在戦場から。戦場ではないので日常にしてみるかという適当な思いつき。

続・iPadを買い替える予定です

 

前回、iPadをiPad miniに買い替える予定でしたが、止めました。散々語っていたのですが、止めました、ハイ(はいじゃないが)。

 

www.johnga.com

 

私がiPad mini(第5世代)に買い替える事を止めた理由

 

理由は、Kindle paper whiteがiPad miniでやろうと思った用途をこなせたからです。

 

私は主に、電子書籍を読みたいから、iPad miniへ買い替える予定でした。

 

しかし、Amazonプライムセールで買ったKindle paper whiteが、想定以上に良かったです。

 

www.johnga.com

 

私は今まで電子書籍リーダーを買ったことがなかったのですが、今年のAmazonプライムセールで初めて買ってみました。そうしたら、想定以上に良かったのです。

 

そのため、外出先で電子書籍を呼んだり読書メモやネットブラウジングをするためにiPad miniを買う予定でしたが、スマホとKindle paper white で十分代用可能でした。

 

Kindle paper whiteが予想以上に実用的だった

 

Kindle paper white(8GB,広告なし)を使用してみての感想です。

 

  • ホーム画面の書籍を選ぶ際の処理の遅さにに不満はあるが、我慢はできる。
  • 書籍のダウンロード速度が予想以上に速かった。
  • スペックの低さからくるページめくりの遅さの懸念は、全く問題なかった。読みたいページへのスキップも含め十分実用的だった。
  • バッテリーのもちが想定以上に長い。買って3週間くらいだが、初めて充電したのが昨日。フル充電で寝る前に読書なら1か月以上もつのでは?
  • Prime reading,Kindle Unlimitedで一度に登録できるのは10冊(Kindle Unlimitedに入ると Prime readingはKindle Unlimited扱いになる。ただし、それまでに登録したPrime readingも選択可能。各10冊の合計20冊までストックできる)。入れ替えが面倒だが、多くの書籍を読める。
  • 電子書籍リーダーは部屋を消灯して読んでも液晶ほど疲れず、寝る前の読書に最適。目への負担は明らかに違うと分かるくらい軽い。
  • タブレットに比べるとカバーをつけても十分軽い。軽くて小さいので外出時にいつも持っていくようになった。
  • タブレットに比べて安価だから、壊してしまっても精神的な喪失は少ない。
  • 防水。特に夏は時間が経つとコップの水滴が垂れてしまったりするが、防水なので壊れる心配はない。
  • 8GBでも文庫、新書、単行本含め、100冊前後はインストールしてオフラインで読書可能(漫画は容量大きいので8GBでは足りない)。バッテリーももつので外出先へ持っていく本として十分実用可能。

 

そう、iPad mini(第5世代)を買ってやりたいことが、Kindle paper whiteを使用してほぼ不満なくできたのです。

 

iPad miniより小さく、軽く、安い。しかも目への負担も液晶より少なく、バッテリーのもちも遥かに良い。

 

主にAmazonのprime readingを読む目的の私には、iPad miniよりも最適解だったのです。何事も試してみるものですね。

 

Kindle paper whiteにできない事

 

大体3週間使用して、Kindle paper whiteでできないことは何か、考えました。

 

  • Amazon以外の電子書籍は読めない。
  • 画面サイズが6インチしかないので、文庫、新書以外はレイアウトが崩れ、少し読みづらい。
  • 電子書籍リーダーは白黒なので、カラーや大きなサイズの電子書籍は十分に読めない。
  • 電子書籍リーダーなので、電子書籍を読む以外の機能はない。
  • Amazon primeもしくはKindle Unlimitedに登録していないとあまり恩恵を実感しない。(普段読書をしないならスマホのアプリで十分。)

 

Kindle paper whiteは、Amazon専用の電子書籍リーダーなので、Amazon以外の電子書籍は利用できません。

 

そのため、私が今までメインで使用していたBookliveの電子書籍は読めないのです。私は2012年くらいから電子書籍ストアのBookliveの愛用者で、書籍の数は漫画を含めて1500冊近く保有しています。Amazon Kindleを使い始めたのが、つい2年位前です。

 

現在はどちらも利用していますが、Amazon kindleの値引き率が高いので、比率はAmazon kindleに移りつつあります。

 

漫画以外にも実用書やレシピ本など、セールで買った雑誌サイズの書籍が十分に読めません。これは不便です。特にプログラミングの学習書や、ゲームの設定資料集など、カラーで大きい画面の方が見やすいものは、Kindle paper whiteではその良さを活かせません。

 

候補はiPad air4 か、iPad pro

 

以上の理由から、候補は大画面の家庭で使用できるタブレットで十分だとわかりました。

 

ちなみに、個人的にはiPad air4の64GBを買う予定です。予算の関係です。

 

Google Pixel5の128GBのため、ゲームはそちらに入れるので、十分すぎるくらい余っているからです。

 

しかし、iPad proのM1チップ搭載もロマンがあるので捨てがたい、ただ、高すぎです。かといってiPad air 256GBを買うなら、もう少し出してpro 128GBの方が良いという絶妙に狙った容量です。相変わらずユーザーの足元見た殿様商売してますなぁリンゴさん。

 

なんだかんだ、こうして考えて悩んでいる時間が一番楽しいというのもありますね。(買うならさっさと買えという話ですが。)