常在日常2

Livedoorブログで「常在日常」という日記ブログを書いていましたが、はてなブログへ移行しました。ブログタイトルの由来は常在戦場から。戦場ではないので日常にしてみるかという適当な思いつき。

AmazonプライムセールでKindle paper whiteを買いました。

 

今回のAmazonプライムセールで初めて電子書籍リーダーを買いました。

Kindle paper white 広告なし8GB(kindle Unlimited3か月無料)です。価格は8980円で40%オフでした。

 

当初はiPad miniを買う予定でしたが、prime readingの積み本が増えてきてもったいなくて、電子書籍リーダーで手軽に読めないだろうかと、以前から試してみたいと思っていたので、このセールはちょうどよい機会でした。

 

セール開始と同時にすぐに買いに行きました。

 

さっそく開封

箱がすごく小さくて驚きです。

 

f:id:jouniti0617:20210621221527j:image

 

内容物も本体とUSB,説明書だけのシンプルさ。


f:id:jouniti0617:20210621221627j:image

 

本体裏面。Amazonロゴがいい感じ。電子書籍リーダーなのでカメラはありません。


f:id:jouniti0617:20210621222116j:image

 

本体の底面に充電用のUSBポートと電源ボタンがあります。


f:id:jouniti0617:20210621222202j:image

 

本体の大きさ比較。新書サイズより少し短く、幅が少し広い感じ。上の写真のように片手で鷲づかみできます。


f:id:jouniti0617:20210621221705j:image

 

起動。液晶と違うこと、そしてスペックは読書特化のため、全体的な挙動はかなり遅いです。


f:id:jouniti0617:20210621221939j:image

 

この後Wi-Fiパスワードの設定、Amazonログインを行い、完了です。

書籍をダウンロードします。漫画を見る方は32GBあった方がいいですが、単行本や文庫、新書など、文字を読むなら必要ありません。8GBでも100冊以上収容できます。

 

本体ソフトウェアを除くと約6GB分の電子書籍をダウンロードして読めます。

 

初めての電子書籍リーダーの感想

  • 小さくて軽い。
  • UIなどの動作はモッサリ。
  • 読書のページめくりはモッサリしているが今のところ問題なし。
  • Prime readingなどの書籍を読むなら8GBサイズで十分。
  • スマホやタブレットのkindleアプリと併用して、使い分けに特化すれば十分実用的。
  • 大きなサイズやカラーの本は非推奨。(雑誌やプログラミング書籍などの元から大きな学習本)
  • カバーは絶対にあった方がいい。(今回初見だったので本体しか注文しませんでした。使用してすぐ必要だと感じ、速攻で注文しました。)

 

プライムセールは6/22の23:59までなので、電子書籍リーダーに興味のある方はこの機会に試してみてはいかがでしょうか?

 

また1か月ほど使用したら感想を書きたいと思います。とりあえずカバーが届いてから本格的に使用する予定です。