常在日常2

Livedoorブログで「常在日常」という日記ブログを書いていましたが、はてなブログへ移行しました。ブログタイトルの由来は常在戦場から。戦場ではないので日常にしてみるかという適当な思いつき。

高齢者の加害者は反省することがない

飯塚幸三もそうですが、高齢者はどれだけ自分に非があろうと、相手が年下の場合は謝罪も反省もすることもないと思った方がいいです。それどころか時間が経てば、自分が加害者である意識が薄れ、自分こそが被害者なのだと内心思うようになります。

 

私の近所のいじめの主犯も、現在も私への嫌がらせを毎日行っています。

 

具体的に私がされている嫌がらせは、毎晩主犯が自分の家の雨戸を閉める際、私の家の明かりが点いたのを確認してから雨戸を閉めます。いわば監視です。暇人ですね。

 

最初は偶然かと思っていましたが、気づいたら、毎回夜のどんな時間帯も、私の家の明かりが点くタイミングで雨戸を閉める音がしていました。

 

私が18時に明りをつけると閉めますし、19時や19時半、23分など、意図的に中途半端な時間に明りをつけても雨戸を閉めます。私の家の明かりが点くのをわざわざ自分の家から見張り、意図して嫌がらせをやっているという事です。

これは去年気づいたのですが、1回2回ならまだしも、毎回なのでさすがに気づきました。

 

ちなみに私が相手のポストへ「その嫌がらせを止めろ」と抗議の手紙を出しましたが、効果はありませんでした。

 

相手は私が嫌がっているのを分かっているから続けているのです。「そろばん塾の先生で、子供たちの手本よ。」と誇りに思っているとは思えない呆れた老婆です。

 

このように、私へ嫌がらせをしている方は、70代の高齢者ですが、この方は私への誹謗中傷を6年続けている挙げ句、このような嫌がらせをしています。一時期は収まっていましたが、現在は反省どころか、さらに嫌がらせが追加された感じです。

www.johnga.com

 

 

苦情を言っても止めないので、我慢するしかありません。私の場合は家族の形見である家を捨てたくないので我慢しています。

 

他人の家の相続への妬みなんて、こちらで対応できるわけがありません。この問題は加害者であるいじめ主犯の老婆が、自分自身と向き合わなければ解決しない問題です。

 

彼女は私を町から追い出せば解決すると考えているようで、毎回近所の主婦達に一緒に私を追い出そうと提案しているようです。

 

周り近所は私への悪口ばかり言う彼女に愛想をつかして相手にすらしていません。彼女は相手にされないストレスを晴らすためにさらに私へ嫌がらせを悪化させているという状態です。

 

ちなみに近所の方達はこの老婆へ自分で文句を言う気もなく、「私が悪いんだから謝ればいいのに。」という方も多いです。(私は私への陰口をやめてほしいと苦情を言っただけです。相手に同じ仕返しなどもしていません。ずっと耐えている側です。)

この周囲の近所の方達も、加害者に自分達が勇気を出して苦情を言えないから被害者にさらに追い打ちをかけるという・・・酷い民度の町だなぁと心から失望しています。

 

高齢者になると、誰からも注意をされません。一番年長者だから本人も他人の苦情を聞く気がありません。

 

思い上がった高齢者は、自分の非を認めないし、ましてや年下の若者に頭を下げるなど、自分がどれだけ相手に非道な行いをしても絶対にしないでしょう。それは彼らにとって「負け」を意味するからです

 

あの人達はすでに罪悪感なんてありません。「負けたくない!」というように、頭の中で勝ち負けの問題に置き換えており、意固地になっているので、心から反省する日は来ないでしょう。

仮に謝罪があるとしても、それは謝罪することに自分への利益がある場合だけで、自分の行いを反省する日はもう来ないでしょう。

 

「なぜ私が責められていてこんなに苦しい思いをしなければならないんだ!!」という被害者意識に変わり、自分の行いは正義であると考えないと自分を保てないのです。(第三者から見ればそれこそ一番正解から遠い、見苦しくて軽蔑に値することだというのに。)

 

被害者からすれば腸の煮えかえる話ですが、人の道徳や倫理の通じない相手に何を言っても無駄です。自分自身が相手への対処に慣れるしかありません。

 

高齢者の加害行動へのストレスを軽減する方法

  • 相手は「人間の世界の理屈が通用しない動物」だと認識する事。
  • 過去も未来も考えず、「今、やられた事」だけに反応し、相手にしないこと。
  • 過去の嫌がらせまで思い出さないこと。深く考えないこと。そのために↓の行動を取る事。
  • ストレス解消の手段を持つ。(心のモヤモヤは内面なので、外へ意識を向ける事。具体的には読書や運動、瞑想など。)

 

私のストレスを軽減する方法

  • Amazon Primeの映画を見る。
  • 読書をする。
  • 筋トレをする。
  • どうしても怒りが収まらない時は、相手の家の方角へ向けて、棒を振って切り捨てる。(この時、爽やかな気持ちで縁を切るつもりで行う。)