常在日常2

Livedoorブログで「常在日常」という日記ブログを書いていましたが、はてなブログへ移行しました。ブログタイトルの由来は常在戦場から。戦場ではないので日常にしてみるかという適当な思いつき。

体験談・海外発の人気サービス~「インスタいいね」を買う方法を公開~

今回友人が「自分の体験談をどっかで公表したい!」という話だったので、私のブログを勧めました。人との共同作業でブログ記事を作るのは初めてなので、新鮮な体験でした。

SNSヘルパー」サービスを利用した感想です。興味ある方は是非参考にして下さい。

 では、どうぞ~。

 

 

皆さんは1日にどれくらい携帯を見ていますか?お風呂に入るときと寝るとき以外ほとんど手放せない携帯ですが、コロナ禍の影響でSNSがまた注目を集めています。

 

外に出れないし感染リスクを下げるため、インターネットでものを買ったり情報を集めたりということが当たり前になり、今まで使っていなかった人たちもSNSをつかって商品の良し悪しや人気をリサーチするようになったからです。

 

特に欧米・アジアのみならず海外でのSNS人気はすさまじく、ソーシャルメディア中毒が問題視されるほど切っても切り離せない重要なツールになっています。

 

今日はSNSヘビーユーザーに指示されている海外生まれのSNS Helperというサービスをご紹介したいと思います。

f:id:jouniti0617:20200929170440p:plain

 

SNS Helperはセルフソーシャルマーケティングサービスと呼ばれるらしいのですが、言ってしまえばYouTubeの再生回数やInstagram(以下、インスタ)のいいねを買うことができるサービスになります。

それって大丈夫?って思いますよね。こういったサービスに、プログラムで作ったダミーアカウントにフォローさせるといったようなものもあるようですが、SNS Helperは登録しているリアルなユーザーに通知を送って利用者自らがフォローしてくれるそうです。

 

利用者は世界各国で20万人以上いるみたいですが、実際のところ使うとどうなるか気になると思いますので、無料の体験イベントを利用して検証してみたので興味のある方は参考にしてみてください。

f:id:jouniti0617:20200929170518p:plain

 

サービスを利用するためには、サイトで無料登録を行ってポイントを購入しなければなりません。サイトは日本語含め8ヶ国語に対応していて、ポイント購入は500円からとなっていてクレジットカードやペイパルが利用できるみたいです。

 

今回はイベントでもらったポイントを使ってインスタのいいねを買うことができるサービスを利用しようと思います。

f:id:jouniti0617:20200929170631p:plain

 

注文の仕方ですが、サイトのトップページのサービス項目からインスタを選ぶとこのような注文画面が表示されます。

ログインしない場合は見積もり画面になりますが、注文画面とほぼ同じ内容が見れるのでサービスの種類や金額が見たい人は同じようにサイトにアクセスしたら確認できます。

 

インスタのいいねを買う場合は、サービス内容から「写真&動画にいいねを増やす」を選びます。いいねを増やしたい投稿を選んでそのリンクをコピーし、リンク欄に貼り付けます。数量を入力し金額を確認したら「注文する」をクリックして終了。というシンプルなつくりです。

インスタのいいねを買う場合、最低50個から購入可能でなんと33円!

フォロワーや再生回数など、メニューによって単価はかわりますが、比較的少量・低価格で利用できるようです。

では実際にちゃんと増えるのかという点ですが、わかりやすいように500いいねを注文したところ、10分ほどでこのように爆増しました。

f:id:jouniti0617:20200929171230p:plain

 

 

サービスが海外のものだからか、いいねしたアカウントは外国人が多かったです。

サービスには1ヶ月の保障がついているそうで、注文画面の下かLINEのサービスセンターに問い合わせるとサービスの不足やフォローが減ってしまったなどといったトラブルに対応してくれるそうです。

f:id:jouniti0617:20200929171506p:plain

 

利用するかしないかは自己責任ですが、就活生やSNSマーケティングを始めたい人など、需要の高いサービスかなと思います。

最後にサイトの見積もりが確認できるページを載せておきますので、気になる方は覗いてみてください。

 

https://snshelper.com/jp/pricing/instagram/buy-instagram-likes